マイカーローンの注意点

車を手軽に購入する手段としてマイカーローンがあります。車は高い買い物ですが、ローンを組めば、毎月ローンを支払できれば購入がしやすくなります。しかし、マイカーローンはその中身についてそれ程意識しない人も多いです。見積書で毎月いくら払えばよいのかだけに注目し、安易にサインしてしまいがちですが注意が必要です。

 

マイカーローンを組む際に、特に気を付けておきたい注意点がいくつかあります。これからマイカーローンを組む前に、何に注意すればよいのかを理解しておきましょう。

 

しっかりと確認する

 

マイカーローン金利について

マイカーローンの金利には、固定金利と変動金利があります。両者の違いはその名前から察しが付く通りです。固定金利では支払期間の間金利は固定、変動金利の場合には見直しされる場合があります。変動金利の場合、市場の金利状況に合わせて上がる場合もあれば下がる場合もあります。

 

一見金利が上がるリスクのない固定金利の方が安心に見えますが、金利の相場は固定金利の方が高めです。変動金利は金利上昇のリスクがある分、金利が低めに設定されています。

 

絶対ではありませんが、支払期間が数年程度のマイカーローンでは変動金利の方が得をする可能性は高いでしょう。

 

また、マイカーローンの金利はどこも同じではありません。銀行系とディーラーローンで比べると、ディーラーローンの金利はやや高めに設定されています。金利手数料を抑えたいのであれば、ディーラーローンではなく銀行系のマイカーローンを探すとよいでしょう。

 

特に中古車をローンで買いたい場合には金利はしっかりと見ておくべきで、販売店で借りるローンの場合には中古車では金利条件が不利になる場合があります。ローン会社で借りる流れとなるためで、新車時の販売店でのディーラーローンと比べても条件で劣ります。

 

中古車ならそこまで購入金額も大きくならないので金利負担もそこまでではないですが、それでも余計な金利を支払うのは無駄でしかないので、購入を決めた際には中古車マイカーローンの仮審査をまずは銀行で受けるようにし、その結果を見てからローンを利用するか、販売店で組むかを考えると無駄がありません。

 

マイカーローン審査について

マイカーローン契約時には必ず審査があります。申込めば誰でも確実に貸してくれるわけではないので注意が必要です。マイカーローンを組む時には、最低限審査に影響しそうな要件は知っておいた方がよいでしょう。

 

マイカーローンの審査では勤続年数や雇用形態なども影響を与えます。銀行系のマイカーローンの中には、勤続2年以上など、具体的に条件を明記している所もある位です。勤続1年未満や、非正規雇用の場合には、雇用が安定していないと見なされる場合があるので注意が必要です。

 

また、年収と返済額のバランスも重要視されます。マイカーローンでは、年間の返済額が年収の25%以内で申込むのが望ましいとされています。例えば年収300万円のサラリーマンであれば、年間の返済額は75万円以内、月に換算すると6万円を超えると審査が厳しくなります。

 

ただし、勤続年数が短くても保証人を立てれば審査に通ったり、毎月の返済額が大きすぎれば借入期間を長めにとったりして、審査に通る場合もあります。

 

問題なのは信用情報です。過去にクレジットカードの支払いを滞納している、現在支払いが遅れているローン契約が残っているなど、ローン関連の取引履歴に問題があると、審査に落ちる可能性が高くなります。また、支払い遅れがなくとも、すでに多額のローンを抱えている人も注意が必要です。

 

カードローンやキャッシングローンとは異なり、大きな金額を借りることとなるマイカーローンの審査内容はどうしても厳しいものとなりがちです。不安定な収入であったり、他社での利用履歴がよくない場合などは審査通過が難しくなるので、申込みに関してもよく確認をしながら慎重に進める必要があります。

 

申込みと融資までの期間について

マイカーローンはまず申込みから手続きが始まります。申込みをすると、融資できそうかどうかの審査が行われます。無事審査OKの回答が来たら本契約です。契約後にお金が支払われ、そこから返済もスタートします。

 

マイカーローンでは、申込みから融資まで意外と日数がかかる場合があるので注意が必要です。長ければ申込みから融資まで2週間以上かかる場合もあります。また、申込み先によっては、車の購入を証明する書類が発行されるまで申込みもできない所があったり、審査結果までは事前に行えるところがあったりします。

 

金利などの条件で良い所を見つけたら、融資までの流れは確認しておきましょう。事前に審査が行えるのであれば、審査だけ通しておくと安心して車選びもできるでしょう。